トップに戻る

NEWS

お知らせ

2016.08.27

すべて

新居を決めるのに内見って絶対に必要…?

みなさんご存知の事だと思いますが、1・2・3月はお部屋を探す方がとっても多いです。春から入学する人、就職する人、転勤がある人…等、新生活STARTの時期ですよね
なので人気のお部屋は募集が出て1週間もたたずに決まることも多々あります
(もちろん1~3月以外でも人気のお部屋はすぐ決まりますが…)
早くから余裕をもって探される方もいれば、引越しがぎりぎりで決まり資料のみでお部屋探しをされる方もいます。

そもそも不動産会社が物件をご紹介できるのは、「空いている物件」もしくは「退去予定がある物件」そして「新築物件」のどれかです。

「空いている物件」はもちろん内見をすることができます。
「退去予定がある物件」は“退去します”という意思表示(解約届の提出)がされている物件なので、まだ前入居者様が入居中の可能性があります。
もちろん前入居者様がご退去されたら、すぐにでも内見可能!お掃除が終わる前に見て頂くこともできるんです
「新築物件」はまさにまだ建っていないいないので、内見も何もないですよね。(滅多にありませんが、運が良ければ建設中に中を見せてもらうことができることもあります。)
ただ設備・壁紙・お部屋の完成イメージが描かれている設計図のようなものがあるはずなので、それを見せてもらってイメージを膨らませてもらいます。
(設備書等公開されていない場合もございます)

つまり「空いている」物件以外、絶対に内見ができるというわけではありません。それでも内見をせずに申込をされる方が大勢います。
なぜなのか
①間取からイメージを膨らませる
②内装写真がある物件であれば、ある程度様子がわかる
③建築年数が近い同じような間取りの違う物件(類似物件)があれば、そこをみて参考にする

ということで、内見できた方が安心してお部屋を決めることができるということに変わりはないですが、絶対に内見しないと物件は決められないというわけではありません。どうしても内見をして部屋を決めたいという方は、1・2・3月のライバルが多い時期を避けるのが良いかもしれません。入退去が慌ただしい時期でなければ、市場の動きが比較的落ち着いているのでゆっくり探せる可能性が高いです。

個人差はあると思いますが、
お部屋探しの三本柱は「場所・間取り・家賃」と言われています。
そこをクリア出来る物件があればもうあなたはきっとラッキーです!お部屋探しは運命ですから。

 

倉敷の不動産情報はYKでOK!

それでは

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿
【賃貸・管理・売買】 不動産のことなら「YKOK!」
㈱ワイ・ケイ興産 
◆◇アパマンショップ倉敷市内6店舗展開◇◆
倉敷笹沖店・倉敷駅北店・倉敷沖新店
倉敷水島店・倉敷西阿知店・新倉敷駅前店

物件検索は http://www.chinsta.jp/
✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

Copyright (c) YK Group. All rights reserved.